<やまもも保育所保育方針>        

 ~子どもは遊びを通して発達する。それを助けるのが保育者の仕事~

 スタッフ全員が保育資格を持ち、子どもが安定して生活できる環境作りを一人ひとりの
 発達に適した専門性の高い保育を行う事を目指しています。
 子どもたちと一緒に成長し、子どもたちの感じる楽しさや嬉しさを共有し、一日をすごし 
 ています

院内保育所だからこそ、自分の親の職業というものの認識に繋がり、
近くにいる安心感を感じながら過ごせます。
またクラスごとの懇談会や親子レクといった行事も各部署の配慮があり
参加しやすくなっています。この他にも、院内で開催されるセミナーなどに
参加する際の延長保育の実施、職員の方が安心して子どもを預けられる
環境を提供する事を心掛けています。
尚、新入職者が保育所を利用される場合は、慣らし保育を行っています。
保育の特徴
遊べる空間
室外空間
乳児クラスと幼児クラスで園庭が分かれています。成長に合わせた遊具と空間で子ども達の身体を育てます。
木登りをしたり季節ごとに畑で野菜を育てたり、草花の変化を楽しんだり自然と触れ合いも大切にしています
環境づくり
室内空間
保育所で子ども達が過ごしやすい工夫が考えられています。
学ぶ
保育所の概要
保育所の概要、保育時間とお休みの日、保育所の生活(一日の流れ)、保育料(保育の無償化)等のご説明をしています。

<乳児クラス>
年齢別にクラスが分かれています。
子どもの安心感に繋がるよう、決まった大人が食事や排泄を受け持つ育児担当制を取り入れています。
<幼児クラス>
3・4・5歳児合同クラスです。
様々な経験を通して知的・身体的・情緒的成長ができるよう、課業(教育的な働きかけ) 【音楽(わらべうた)・描画・文学・数・環境認識・体育】を取り入れています。
<給食>
管理栄養士・調理師が子どもの成長に合わせた離乳食・乳児食・幼児食を保育所内の調理室で手作りしています。
また、旬の食材を取り入れたメニューやアレルギー食にも対応しています。
保育室】どの部屋も南向きで、2面に窓があり、明るく風通しの良い部屋です。
保育室】東面と南面に大きな窓がある、縦長の保育室です。真ん中で2部屋に
    区切ることもできます。
やまもも通信  <new>
10月12日(火)、千葉市動物公園に行ってきました。

動物園では岩に乗って踊るゾウや、子ども達のアンコールに応えて吠え飛び回るフクロテナガザル、手を振ったら振り返してくれた愉快なチンパンジーと窓越しでの会合など、見どころ満載で子どもたちも大喜び!そんな中、お世辞にも見ごたえありとは言えない、コウモリの動向を固唾をのんで見守っていたK君。たまにバサバサ…と羽ばたくコウモリに「うわぁ、すっげぇ…」と静かに感動していたのが印象的でした。
彼は爬虫類とコウモリをこよなく愛する年長児。彼にかかればただのコウモリはいないそうで、先日彼が描いていたコウモリも「キクガシラコウモリだよ」とのことでした。

weekly はんてん木 10/15号から抜粋 詳細はこちら>