本文へ移動

✉お知らせ

DPAT隊員の業務復帰について

2020-04-01
令和241
DPAT隊員の業務復帰について
 
 当院では、今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に於いて厚生労働省医政局地域医療計画課より派遣依頼(令和2年2月8日付)を受け、災害派遣精神医療チーム(DPAT)隊員2名の派遣を行いました。DPATとして活動した隊員2名は、活動期間終了と同時に当院への出勤を停止していました。隊員2名は3月6日時点でそれぞれ連続2回のPCR検査で陰性が確認されておりましたが、万全を期すためさらに4週間の出勤停止および健康観察を行いました。
 これらの健康観察を経て、健康状態に問題がないことが確認されましたので、令和2年4月6日をもって隊員2名を業務復帰させることと致しました
 
 浅井病院はこれまで、東日本大震災、熊本地震、令和元年台風15号などの際に災害支援医療チームを派遣するなど、災害支援医療に積極的に取り組んで参りました。今回DPATとして活動した隊員2名も、「新型コロナウイルス感染症対策で隔離される中、ストレスや不安を抱えている方々を支援したい」という高い志のもと、自らの危険を承知の上で活動を致しました。彼らの勇気は称えられるべきものであり、決して批判や差別にさらされるべきものではないと考えます。活動終了後の長い健康観察期間を耐え抜き業務復帰を果たす彼らを、どうか温かく迎えていただきますようお願い致します。
 
 
TOPへ戻る