本文へ移動

地域包括ケア病棟

~ときどき入院、ほぼ自宅~
地域包括ケア病棟は、住み慣れた自宅(施設)で
長く生活していただくことを応援する病棟です。

地域包括ケア病棟は、こんな病棟です。

1.急性期病院からの転院

・病院からは退院可能と言われたが、もう少しリハビリ、受け入れ準備が必要な方。入院中に在宅ケアの準備
   を一緒にしていきます。

2.在宅、施設からの緊急時の受け入れ

・軽度肺炎、脱水、尿路感染、嚥下障害、褥瘡など、早期治療を目的とする方、他院受診で骨折の診断や、
   転倒で体動困難だが、入院出来なかった方など、介護保険未申請・申請中の方は、入院中に認定が
   おりるように援助します。

3.在宅からのリハビリ、ご家族の休息目的の入院

・医療必要度の高い方の受け入れ在宅療養指導(糖尿病、在宅酸素、自己導尿など)主介護者の入院や、
   お盆、年末年始、農繁期など介護者不在時の対応をします。
地域包括ケア病棟では、
・摂食機能、嚥下評価を基本として、個別リハビリ、集団リハビリを提供しています。
・入院期間は最大60日
   ※再入院は原則3ヶ月後(体調不良による緊急入院を除く)
・自宅、入院前の在籍施設への退院を目指します。
・4人床は室料差額無し(個室:5,400円 2人床:2,160円)

入院までの流れ

急性期病院からの転院の場合

①療情報提供書 ②入院相談シート ③血液データをFAX
※地域包括ケア病棟入院相談シートはこちらをクリック
※整形外科疾患の転院相談の場合こちらをクリック

在宅からの緊急受け入れ、教育入院

①かかりつけ医の診療情報提供書 ②地域生活連携シートをFAX
 
 
お問い合わせは、お気軽に。
TOPへ戻る