本文へ移動

✉お知らせ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

感染対策中の面会について

2020-06-23
重要
【重要なお知らせ】
 
●感染防止対策により、面会について以下の通り制限させていただきます。
 
1.面会方式:①対面式面会、②オンライン面会
2.面会者の居住地域、面会可能となる条件
3.対面式面会について
4.オンライン面会について
 
地域の感染状況により面会条件が変わりますので、ご注意下さい。
急遽、面会禁止となる可能性もございますのでご了承下さい。
 
 
 

新型コロナウイルス(COVID(コビット)-19)感染症への対応について

2020-06-02
重要
【重要なお知らせ】
新型コロナウイルス(COVID(コビット)-19)感染症への対応について
 
当院は、感染症指定医療機関ではありません。また、PCR検査も行っておりません。
 
●5月25日に新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されましたが、
 当院では院内感染防止対策を目的とし、地域の発生状況に応じたフェーズを設定し、
 フェーズの段階に準じた感染防止対策を実施いたします。
 
 そのため、発熱・風邪症状がある方の診療や、入院患者さんへのご面会は、その日の
 フェーズにより対応が変更となる場合がございます。
 
 
 
 

ゴールデンウィーク期間中の外来日について

2020-05-01
ゴールデンウィーク期間中の外来日について
 
5月2日(土) 通常外来
5月3日(日) 救急外来対応
5月4日(月) 救急外来対応
5月5日(火) 救急外来対応
5月6日(水) 救急外来対応

 
※当院では、ゴールデンウイーク期間中は外来診療(発熱外来含む)は行っておりません。
発熱・風邪症状等で受診を希望される場合は、休日当番の医療機関へ受診をお願い致します。
救急外来対応時に受診をご希望の際は先にご連絡下さい。
電話:0475-58-5000(代表)
 
 

新型コロナウイルス(COVID(コビット)-19)感染症への対応について

2020-04-14
【重要なお知らせ】
新型コロナウイルス(COVID(コビット)-19)感染症への対応について
 
当院は、感染症指定医療機関ではありません。また、PCR検査も行っておりません。
 
●現在、当院では感染拡大防止のため、ご来院いただく全ての方に対して、外来玄関前にて
 体調確認(トリアージ)を実施しております。
 その際、体温の確認をいたしますので、ご来院の前には必ず検温をしてからお越しください。
 発熱・風邪症状がある場合には、院内への立ち入りをご遠慮いただき、診療が必要な方に関しては、
 場所・時間帯を限定して対応させていただきます。
 
ご来院の際は必ずマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、
 マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。
 
入院患者さんへの面会も中止させていただいております。
 
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力をお願い致します。
 
 
 
新型コロナウイルス感染が疑われる場合は、下記にある【相談・受診の目安】を確認したうえで
「帰国者・接触者相談センター」へご連絡してください。
    ⇒連絡先 :山武健康福祉センター(山武保健所) 0475-54-061
     受付時間:平日9:00~17:00
 
 
【厚生労働省より示されている相談・受診の目安】---------------------------------------------------------
 以下のいずれかに該当する方です。
 ・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤飲み続けなければならない方も同様です)
 ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
  なお、以下のような方は重症化しやすいため、上記の状態が2日程度続く場合には
  「帰国者・接触者相談センター」へご連絡してください。
 ・高齢者
 ・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
 ・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

DPAT隊員の業務復帰について

2020-04-01
令和241
DPAT隊員の業務復帰について
 
 当院では、今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に於いて厚生労働省医政局地域医療計画課より派遣依頼(令和2年2月8日付)を受け、災害派遣精神医療チーム(DPAT)隊員2名の派遣を行いました。DPATとして活動した隊員2名は、活動期間終了と同時に当院への出勤を停止していました。隊員2名は3月6日時点でそれぞれ連続2回のPCR検査で陰性が確認されておりましたが、万全を期すためさらに4週間の出勤停止および健康観察を行いました。
 これらの健康観察を経て、健康状態に問題がないことが確認されましたので、令和2年4月6日をもって隊員2名を業務復帰させることと致しました
 
 浅井病院はこれまで、東日本大震災、熊本地震、令和元年台風15号などの際に災害支援医療チームを派遣するなど、災害支援医療に積極的に取り組んで参りました。今回DPATとして活動した隊員2名も、「新型コロナウイルス感染症対策で隔離される中、ストレスや不安を抱えている方々を支援したい」という高い志のもと、自らの危険を承知の上で活動を致しました。彼らの勇気は称えられるべきものであり、決して批判や差別にさらされるべきものではないと考えます。活動終了後の長い健康観察期間を耐え抜き業務復帰を果たす彼らを、どうか温かく迎えていただきますようお願い致します。
 
 
TOPへ戻る